天国との会話―生と死をつなぐ心の旅

ジェームズ ヴァン・プラグ (著), Van Praagh,James (原著), 中井 京子 (翻訳)

魂がどのように肉体を離れて天国へと旅立つか、天国とはどのようなところなのか、現世という物質界にふたたび魂が再生する行程についてわかりやすい言葉で説明する。

<以上amazonさんより>

 

***感想、概要など:

死者からのアドバイス、とあるようにリーディングの実例が沢山掲載されている。その実例をもとにいくつか生きるためのヒントが書かれている。

死者が残された家族や友人に伝えたいことを知ると、生きるヒントが見えてくる、ということもできる。

霊界からのメッセージも実例がなければ信憑性が薄れる部分があるが、この本は著者のリーディング体験が掲載されていることから理解しやすいと言えると思う。

著者はテレビドラマ『ゴースト―天国からのささやき』の監修をおおなっている。

***目次:

第1部 旅(初めに
心の目覚め
自分自身を知る ほか)
第2部 霊は語る(期待
罪の意識
恐怖 ほか)
第3部 覚醒(本当の“あなた”とは?
わたしたちの子供を導く
高次なる生への鍵)

***登録情報

出版社: 光文社 (1999/09)
言語: 日本語
ISBN-10: 4334960936
ISBN-13: 978-4334960933
発売日: 1999/09


書籍はタグから検索することができます。
タグ一覧ページからどうぞ