音楽CDを多分、300枚ぐらい頂いたことがあります。全部聞くだけでもかなりの日数を要しました。

ワークの準備をしたりしながら曲を流すことはよくするのですが、好きな音楽が流れ始めると手が止まります。”聞きながら”のはずが聞き入ってしまうんです。
要するに音楽が好きという事なのですが・・・・ちなみに私の一押しは、ワークショップが始まる前の間にこっそり流したりしています。(サイトにも音楽のカテゴリーがあります)
そんな大量の音楽ですが、パソコンに入れるにも容量が大量に必要で、外付けHDDに全部保存してよく聞く曲をパソコンに入れてあります。

所が、曲の整理を兼ねて外付けHDDを開こうとしたのですが、無反応。。。私は基本的に割としつこいので(笑)色々調べ解決するまで頑張りたがるのですが、どうあがいても無反応。とうとう放置状態に。どうしたものか思案中です。

 

そういえば、私の尊敬するKさんの事ですが、ストレス解消はピアノの演奏だそうです。

ご主人のお仕事の関係でオーストリアに住んでいたころ、あるマンションの一部屋からピアノの演奏が聞こえてきたそうです。その時、過去生でこの辺りにいて、この曲をリアルタイムで聞いていた、と感じたそうです。感じただけではなく、確信に近いものだったとおっしゃっていました。

その後しばらくして、私がアイイスの生徒だったころ、突然に、講師が私に向かい

「過去生でオーストリアにいたかも」

と、言います。

ちょうどテーブルや椅子を並べ替えているだけの、学んでいる時間ではなかったのが妙に印象的でした。

その時、私は尊敬するKさんと過去生で一緒だったという思いが浮かんできました。同時にその頃に住んでいた街並みも目の前に浮かんでいました。その当時、Kさんと一緒に楽器を演奏していたのかもしれません。

 

 

遠い時代も今も、音楽は人を癒し、励まします。それだけではなく、古い時代の曲を聞き、心が躍るのなら、きっと、過去生でもその曲を聞いていたはずです。
過去生リーディングもいいですが、曲を聞きながら古い時代に生きた自分に思いをはせる、そんな時間も過ごすのもまた良いものです。

 

 

≪出版書籍はこちら≫