近藤 千雄 (翻訳)

スピリチュアリズムにおける最高レベルの霊界通信である『シルバーバーチの霊訓』は、最も優れた霊界通信であり、霊的知識の質・量において他の通信を圧倒しています。
霊的知識のスケールといい、深さといい、これに並ぶものはありません。

『シルバーバーチの霊訓』はスピリチュアリズム思想の集大成であり、まさに地球人類が手にした「最高の霊的叡智・真のバイブル」と言えます。

シルバーバーチの交霊会は1920年代から始まり、霊媒モーリス・バーバネルが亡くなる1981年まで、実に50年以上にもわたって行われました。
そこで語られたシルバーバーチの霊言は、膨大な量に及んでいます。

中略

地上人生の目的とは何か、死や死後の世界はどのようなものなのか、普遍の霊的真理を求める方にぜひ読んでいただきたい本です。本シリーズは、かつて潮文社から出版され、その後絶版になっていた
『シルバーバーチの霊訓(1)~(11)』を改題して復刻したものです。
本書は、そのうちの1巻です。

<以上amazonさんより>

 

***感想、概要など:

「動物は死後どうなるか」の章の中で動物について書かれている。

以前開催したレクチャー「愛すべき動物たち When your animal Dies」でも紹介した書籍「ペットが死ぬとき―誰も教えなかった別れの意味」に内容の一部が掲載されています。

——*******–

 

***目次:

巻頭言
まえがき
シルバーバーチの祈り
一章 シルバーバーチとは何者か
二章 死は第二の誕生
三章 死後の後悔
四章 軽蔑と嘲笑の中で―スピリチュアリズムの歩み
五章 迷いの過去から悟りの未来へ
六章 イエスはいま何をしているか
七章 動物は死後どうなるか
八章 病気は自分で治せる
九章 神は愛の中にも憎しみの中にも
十章 二人の幼児と語る
十一章 青年牧師との論争
十二章 参戦拒否は是か非か
十三章 質問に答える
解説 「動機」と「罪」(訳者)

 

***登録情報

出版社 ‏ : ‎ スピリチュアリズム普及会 (2021/3/10)
発売日 ‏ : ‎ 2021/3/10
言語 ‏ : ‎ 日本語
ペーパーバック ‏ : ‎ 259ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4905275180
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4905275183
寸法 ‏ : ‎ 12.8 x 1.5 x 18.2 cm

 

 


書籍はタグから検索することができます。
タグ一覧ページからどうぞ