ルドルフ・シュタイナーは神秘思想家、哲学者、教育者。
人智学人で有名な人。
神智学サークルで講演を行っていて、神智学協会の会員になる。その後、「神智学協会ドイツ支部」で書記長に。
同協会を脱退た後に、人智学の道に進む。晩年の1923年末には「一般人智学協会」(普遍アントロポゾフィー協会)を創設してその代表に就任。

シュタイナーは透視能力を持っていたといわれ、霊的向上のための活動も行っていた。
シュタイナーは教育の方でも活躍。日本では「シュタイナー教育」と言われる学校があり、俳優の斎藤工さんが通ったことでご存じの方も多いかもしれない。
神智学と言う点からするといくつかの書籍があり、Kindle版も出ています。

(旧版)

ルドルフ・シュタイナー (著)  鈴木一博 (翻訳)

書籍では以下で、「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」が新版になります。

***目次
いかにして高次の世界を認識するか
秘儀参入の諸段階
秘儀参入
実践的な観点
神秘学の訓練のための条件
秘儀参入のいくつかの作用について
神秘学の学徒の夢の生活に現れる変化
意識の持続性の獲得
神秘学の訓練に伴う人格の分裂
境域の守護者
生と死―境域の大守護者


書籍はタグから検索することができます。
タグ一覧ページからどうぞ