牛乳パックを再利用

牛乳パック

牛乳パックはやはり優れものだと思います。再利用というと、幾つか並べ布で覆い椅子にする方法などを見かけます。

時々、牛乳パックの厚さを二つに割いて利用しています。二つに割くと紙の部分がケバ立ち、これが揚げ物の時のペーパーの代わりに利用できる、というものです。

防水になっているのですが、実は油も通しません。なので、パットなども必要ないです。

それ以外ではまな板代わりに使うのも見かけます。匂いのつくものや、お肉などを牛乳パックのまな板で、という方も多いようです。

リメイクではありませんが、捨てる前に再利用するという点では共通点があります。牛乳パックの場合は通常はリサイクルをしますが、逆にリサイクルにかかる手間、費用、光熱費などを考えた時、手元で使い切って処分、ということも考えてよいかなと思います。もちろん、まな板としての役目を終えてリサイクルに出せそうならリサイクルへ回します。