今回のリーディングはお父様からのメッセージでした。

リーディングが進んでいたのですが、ご依頼者様が「亡くなった父が母の夢に出てきて、姉の下腹をさすっていた」と、話されました。

私は「大きな病気を感じなかったものの、検査にはいかれた方が良いと思います」とお話をしました。

 

経験からも、こうした夢にはメッセージが込められていることが多いように思います。その夢の通り(正夢)になるとは限らないのですが、何かしら思いたたるような出来事が起こることはよくあります。

 

続けてリーディングは進み、父様から頂いたメッセージは本当に娘さんたちに対する愛情の深さを表していて

「自分にはもったいないくらいの娘たちで幸せだ」

と伝えてきてくれました。

私もご家族の深い愛情に触れられてとても暖かい気持ちになったことがとても印象的でした。

 

 

後日、ご依頼者様からメールをいただきました、

お姉さまに子宮筋腫が見つかったとのこと。病状など詳しいことは判りませんが、お父様が見ていてくださって、夢で教えてくれていたのは間違いないと確信しました。

そして同じメールに

「自分にはもったいないくらいの娘たちで幸せだ」

というお父様の言葉は、お父様がこの方のママ友の方達に伝えていた言葉と同じだったそうです。実はママ友を通してお父様のこの言葉を聞かれていたそうです。同じく、お父様はお姉さまにも前に同じ言葉を伝えていたそうです。

きっと、ママ友を通してではなく、リーディングを通して直接伝えたい言葉だったのではないかと感じました。

 

いつもそばにいてくれる、というのは簡単なのですが、こうしてリーディングを通し、本当に近くにいてくださることを伝えてきてくださったお父様に、深い感動を頂きました。

愛情あふれるお父様、これからも近くで見守ってくれますね。

 

 

 

その他リーディング記事

—-***—-***—-

リーディング、ワークショップについては

こちらのページ「スピリチュアル・リーディング及びワークショップについて」に詳細があります。

 

またリーディングは現在は 状況によって可能な場合を除き 電話、スカイプ、Lineのみで行っております。

ワークショップは通常通り会場での開催と、電話、スカイプ、Line、zoomなどでのご参加が可能です。