プラントベースフード

プラントベースフードは植物性食品で動物性の食品は摂取しません。

使われる食材は

レンズ豆、ひよこ豆、グリーンピースなどの豆類、テンペ、ナッツなどがあげられます。
日本の食材はきな粉やお麩も植物性の食品です。

ベジタリアンやヴィーガンなどの食生活の方たちも最近は増えてきた気がしますが、プラントベースフードと何が違うのか? という疑問を持っていました。それを説明してくれるページが

「ベジタリアン」「ヴィーガン」ではなく「プラントベース」が注目を集める理由 です。

どんな食生活がベジタリアンで、ヴィーガンなのか実際の所、定義がはっきり決まっているようで定義されにくい部分もあるようです。

個人的な意見としてですが、プラントベースフードは環境に対することをより多く考慮している点が他との違いかな思っています。

イケアでプラントベースフードのフェアがありましたが、明確に環境への負担の事が書かれていました。カーボンフットプリントが少なく環境への負担を抑えられる、という内容でした。

期間限定「プラントベースフード(植物性食品)フェア」

簡単に言うと、食肉用の動物たちが食べる食料は草や大豆で、それらを食肉用の動物たちがたべるのと、私たちが大豆などとして食べた方がCo2を出す量が少なくより環境に配慮した形になる、ということです。

スピリチュアリストの方たちの中にベジタリアンの方が多い傾向にあります。それは、霊性を向上させるための食生活という意味合いがあります。それとは違い、プラントベースフードを取り入れる理由として、ダイエットとしてプラントベースフードを取り入れたり、健康のために良いということもあるそうです。

いずれにしても、最近は「プラントベースフード レストラン」なども出て来ているようです。どんな食事か分からないし、今までの食生活をなかなか変えられないけれど興味がある、という方は、まずはそういった所でお食事をしてみて、どんな食事を頂けるのかを経験してみるのもよいかなと思います。